gelato piqueで可愛く過ごそう

gelato piqueならなんでもおまかせ

振袖を買ってもらって迎えた成人式

それほど成人式というものに対してこだわりというか重要視をしていなかった20歳の私ですが、親は違ったようです。わざわざデパートにいって、いろんな振袖の中から候補をいくつか選んできて、翌日私を連れていって、どれがいいかと選ばせてくれたのです。帯や草履、なにもかも新品でした。もちろん全部で何十万円もしたと思います。今考えてみると、そこまでしてくれた親に感謝をもっとするべきでしたが、私はされるがまま、「こんなものなのかな?」と思っていました。親にとっては娘が成人式を迎えるということは特別なことだったようです。しかもちゃんと写真撮影もしました。お金がかかったでしょうが、親は満足だったようです。そして成人式を迎え、着物を着ました。仲の良かった友達も素敵なものを着ていました。

その頃はほとんどの女の子がきちんと着物を着ていました。みんなきらきらして、それは華やかでしたね。同級生の男の子たちがよってきて話しかけてくれたことを覚えています。でも着たのは写真撮影のときと成人式の2回だけでした。友達の結婚式などで着ればよかったかなと今は思ったりもします。30代になった今では無理ですからね。今はレンタルなどもあるようですね。流行の柄などもあるのでしょうから、レンタルを選ぶという選択肢もいいのではないかと思います。でも、購入するのにもメリットはあると思います。とてもいいものならばきちんとお手入れをすれば自分の娘、またその孫に着てもらえることでしょう。ですから華やかで上品な柄、ピンク色などの明るい色のものを選んでおくといいのではないでしょうか。

小物類などでその年代の流行をとりいれれば、良い着物は何年たっても美しく着られると思います。この年になって着物が気になるようになりました。今の気持ちのまま、20歳のときに戻って成人式を迎えていたらもっと楽しめるのではいかと思います。一番輝いている時だと、今ならわかるからです。ですから、これから20歳になる方、成人式を迎える方は思いっきりその日を楽しんでください。美しい着物をまとって最高の笑顔で友達と会ってお喋りしたり一日を楽しみつくしてください。20歳は一度だけです。もちろん他の年齢も一度だけですが、成人を迎える20歳は特別な歳だと思います。後悔はしないように、親の喜ぶ笑顔もしっかり目にやきつけておいてください。きっと一生の大事な思い出になるはずです。素敵な成人式を迎えてくださいね。