最高な振袖に出会えた喜び

私は去年、成人式を行い、その際に振袖を初めて着ました。その時の振袖での体験談をお教えします。最初は成人式なんてたった一日のことだし、その一日のためだけに振袖を購入したり、レンタルしたりというのはお金ももったいないし参加する予定はありませんでした。両親も当時はお金のやりくりが厳しい時期で、私自身は貯金はありましたがその日のために使う勇気はありませんでした。しかし、二十歳になり一生に一度の成人式です。その日を楽しみにしていてくれた私の祖父が、振袖を購入してくれると言ってくれたのです。私はあまりにも高い買い物であることは承知していましたし、せめてレンタルでいいとお願いしました。そこで、振袖をレンタルしてもらうことになったのです。そして、いざ振袖を選びに行くと、どれも本当に綺麗でいろいろな振袖を試着するのが楽しくて仕方ありませんでした。一緒に来ていた母も次々と着てみてほしいと振袖を持ってきていました。本当に振袖というものには不思議な魅力があるとあらためて感じた瞬間でした。とても鮮やかなもの、大人しいが気品の素晴らしいもの、本当にいろいろな種類の振袖があり、着てみるとまた振袖自体の雰囲気も変化したりと本当に不思議でした。

派手すぎるかなと袖を通してみると、全体がとても華やかで顔まで明るくなってしまうようなもの、地味かなと思いながらも袖を通してみると、輪郭が綺麗に引き立ち自分自身を鮮やかに変えてしまうようなもの、本当にたくさんのものがありました。そのなかで、自分自身に一番しっくりくるものがあったのです。それは、綺麗な濃い青色をした振袖でした。最初は青色にする予定もなく、ピンクや紫などの当時の流行でもあり、自分自身の好きな色でもあるものにするつもりでした。しかし、たまたま袖を通した時に直感でこれだと感じたのです。

自分自身に一番合うような気がしてなりませんでした。それからは、ほかのものを試着するわけでもなく、その青色の振袖に決めました。当日の式では、舞台にあがることがあったのですが、友人にも家族にも、舞台で一番綺麗で目立っていたよと言われました。そして何より両親も祖父も本当に喜んでくれました。なので、ここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいになりましたし、振袖を着させてくれた大好きな祖父にも本当に感謝しています。一生に一度の成人式。振袖を着て、参加して本当によかったと思います。また、素敵な振袖を着れて嬉しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*