gelato piqueで可愛く過ごそう

gelato piqueならなんでもおまかせ

青色の振袖、今度は娘が着てくれます

青色の振袖といえば、私が成人式の時に着た振袖が青色の振袖でした。すでに20年ほど昔の話になりますが、私は一人娘で振袖も人より早く準備をしてもらいました。いつ着ても良いようにと両親がそろえてくれたものです。そのころはまだバブルもはじけていない時代でしたのでなんでも豪華なかんじでした。振袖ももちろん豪華なものです。背が高く大柄な渡しにとってはその頃流行っていたピンク系統の振袖ではなく光沢のはいった青色の振袖でした。背も高く見栄えがする着物としてお店のかたも絶賛してくださったのです。そのときには、自分の思いもありましたが、母の見立てがよくすっきりとした印象になるように着物の柄といい色合いがうまくマッチしていました。半分は母が気に入っていた着物だったからかもしれません。今思えば、とても豪華な着物で着物がわかる人がみても十分豪華な着物として通用する、また長く着られる着物として選んでくれていたのだとつくづく思うようになりました。それからはや20年が経ち、今度は私の娘がその着物をきるような年齢となりました。

成人式や結婚式、また大学での謝恩会などできた私の振袖でした。娘にも私は購入してあげなければ。と思っていたところ、娘の方から、お母さんの振袖を着るよと言われ、本当にうれしかったです。着物の色や柄もまだまだいまでも十分通用するような着物でしたので流行りの着物と同様、きることができると思います。着物の色はコバルトブルーの光沢のあるもので着物の柄はオレンジを基調とした蝶が舞っている感じのものです。今までも準備をしようといろいろな着物をみてきましたが、なかなかわが子にと思う着物と出会うことがなく、今、改めて自分の着物が一番ではないかと思っているところです。他にもいろいろな色の着物と出会いましたが似たような傾向の着物ばかりでどれをみてもあまり魅力を感じることはありませんでした。

もう随分前になる着物ではありますが、私の着物から娘の着物として受け継がれるこの青色の振袖はとっても幸せな着物だと思います。また、これから、次の娘、またその子供達へ青色の着物が受け継がれて行くことを望みますし着物を選んでくれた母も同じ気持ちではないかと思います。流行りだけにとらわれるのではなく、自分に似合う着物として、自信をもって着てもらいたいと思います。この青色の着物がいつまでも受け継がれますように。また、私のように、割と背の高い方や大柄なかたにはピンクのような淡い色よりも青のようなはっきりした色を選ぶととてもよいと思いますよ。